第34回全国健康福祉祭神奈川・横浜・川崎・相模原大会ねんりんピックかながわ2022選手派遣

全国健康福祉祭(愛称:ねんりんピック)は、スポーツや文化種目の交流大会をはじめ、健康や福祉に関する多彩なイベントを通じ、主に60歳以上の高齢者を中心とする国民の健康保持・増進、社会参加、生きがいの高揚等を図り、ふれあいと活力ある長寿社会の形成に寄与するため、昭和63年(1988)年から毎年開催されています。令和4年(2022)年の第34回全国健康福祉祭は、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市等の主催で、神奈川県内で初めて開催します。
公式サイト

派遣日時 令和4年11月12日(土)~15日(火)
会 場 神奈川県
申込方法 広報さがみはら「市スポーツ協会からのお知らせ」の各号で種目ごとに掲載
主 催 厚生労働省神奈川県横浜市川崎市相模原市一般財団法人長寿社会開発センター
共 催 スポーツ庁

開催後のレポート

 

参加者 選手249名 役員2名 事務局7名
内 容 令和4年度は神奈川県での地元開催となり、卓球をはじめとするスポーツ交流大会や水泳等のふれあいスポーツ大会、囲碁等の文化交流大会、全種目23競技等が行われ、相模原市は過去最高の249名の選手が参加いたしました。市内では、さがみはらグリーンプール及び相模原ギオンアリーナを会場に、水泳とバウンドテニスのふたつの競技が実施されました。相模原市選手団は勝負にもこだわり、県内の各市町村の競技会場で大いに盛り上がりました。開催市としては、他県より来られた多くの選手を温かく迎えるとともに、参加者の方々が交流やふれあいを深める大会を開催することができました。

 

写 真

▲相模原市選手団長(当協会長)挨拶(横浜アリーナ)

▲入場行進

▲相模原市PR時スタンドでのアピール

▲アトラクション

▲スポーツチャンバラ

▲ダンススポーツ

▲弓道

▲ソフトテニス

▲ソフトボール

▲剣道

▲ターゲット・バードゴルフ

▲ゲートボール

▲卓球

▲水泳

▲総合閉会式

▲愛知県へ引き継ぎ

 

                 バナー広告              

バナー広告について