スポーツ交流事業

日 時 平成31年2月23日(土)
会 場 厚木市立荻野運動公園 体育館 メインアリーナ
対象者 相模原市スポーツ少年団に登録している小学生以上の者

開催後のレポート

実施日 平成31年2月23日(土)
場所 厚木市立荻野運動公園 体育館 メインアリーナ
対象 相模原市スポーツ少年団に登録している小学生以上の者
参加団 相模原市団員94名:東FC(26名)、橋本一丁目みどり野球部(4名)、新磯バドミントン(8名)、作の口サッカー(24名)、中野クラブ(7名)、翔成會(8名)、大沢剣道会(3名)、富士見ジュニア(4名)、大野台サッカークラブ(10名)
厚木市団員187名:荻野リバース(21名)、麦田ブルーフォックス(24名)、三田フレンズ(17名)、ブラックジャガーズ(19名)、ペガサス(9名)、南毛利フットボール(11名)、長谷スポーツ少年団(26名)、県央少年野球クラブ(24名)、林(14名)、近代空手道会(2名)、厚木ニューウェーブ(20名)
合計19団281名
内容 平成30年度のスポーツ交流事業は、厚木市スポーツ少年団連絡協議会・(公財)厚木市体育協会が主催する「厚木市スポーツ少年団交流大会」に参加をし、交流を行いました。交流大会は厚木市立荻野運動公園の体育館で開催され、相模原市・厚木市の団員計281人が参加しました。なお、相模原市からは当初定員として定めていた50人を大きく超え、102人もの応募を受け付け、当日は94人の団員が参加してくれました。チームはその場で6色に分かれ、「スリッパ飛ばし」・「ボール送り」・「台風の目」・「綱引き」・「玉入れ」の5つの競技を行いました。始めの競技こそ緊張感が見られましたが、団員達は競技を進めていくうちに夢中になり、次第に自分のチームを応援する歓声が聞こえ、所属団の種目も様々でバラバラのユニフォームの集団に一体感が生まれていくのが感じられました。白熱した交流大会が終わるころには相模原市・厚木市の団員達の間には笑顔があふれ、充実した交流となりました。参加してくれた団員達は、今後もこのような「スポーツ交流」の時間を大切にし、かけがえのない経験として活かしていって欲しいと思います。

                 バナー広告              

バナー広告について