銀河連邦交流事業・銀河カップ少年サッカー大会

各銀河連邦共和国で開催されるスポーツ交流事業にサガミハラ共和国の選手を派遣し、スポーツの振興と各国との友好・交流を図るとともに、銀河連邦に対する認識を深めることを目的とする。

派遣期間 令和元年7月14日(日)~15日(月・祝)2泊3日
集合場所 長野県佐久市臼田総合運動公園グラウンド
試合会場 臼田総合運動公園グラウンド
目 的 スポーツ少年団活動の中でサッカーの試合を通じて、技術の向上と子供たち相互の交流の場を提供することを目的とする。
詳 細 派遣対象者に通知

開催後のレポート

参加者 大沼SSS:11名(選手9名・指導者2名)

随行職員1名

参加チーム数 11チーム
相模原市の結果 4位
内 容 長野県佐久市で行われた銀河カップサッカー大会に、相模原市代表として大沼SSSの選手9名、コーチ2名が参加しました。
初日に見学したスタードームは、曇っていたため大型望遠鏡が収まっているドームは閉じていましたが、子ども達は初めて天体観測ができる望遠鏡を間近で見ることができ、楽しんでいる様子でした。
大会は、予選リーグは1勝1分でしたが、得失点差によりグループ内1位となり、翌日の決勝トーナメントに進出しました。翌日行われた準決勝と3位決定戦は残念ながらともに敗れ、大会は第4位で終えることになりましたが、他県のチームと真剣勝負をした経験は、参加した選手にとってかけがえのないものになったのではないでしょうか。

                 バナー広告              

バナー広告について